三菱商事エネルギー
神戸七宮水素ステーション開所式を開催

    昨年来、三菱商事エネルギーとパートナー企業である日本エア・リキッド、丸井商會(三菱商事エネルギー特約店)は協業にて建設中であった「神戸七宮水素ステーション」が完成、3月30日に現地で開所式を開催した。

同ステーションは神戸市初の商用水素ステーションで、300N㎥/hという日本における標準的なタイプの水素ステーションであり、そのクラスでは世界最小の300㎡の敷地に設置されている。都市部における敷地確保が困難な国内事情を踏まえると、同ステーションの存在意義は高く、今後の水素エネルギー普及に重要な役割を担っている。

当日は井戸兵庫県知事、久元神戸市長、池田神戸市会議長、資源エネルギー庁水素・燃料電池戦略室川村室長補佐、市会議員、行政関係者、水素関係企業、地元企業、住民代表に加え、三菱商事エネルギー鎌倉上社長ら三菱商事グループの関係者など総勢100名を超える関係者が列席した。

 
   
 



会社案内|個人情報|著作権|リンクポリシー
本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。
著作権は㈲マジカルネットワークまたはその情報提供者に帰属します。

Copyright (C); 2017,
Magical Network Inc. All Rights Reserved.