㈱伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー 伊藤 敏憲




電池が開く明るい未来

伊藤 敏憲



電池の進化が未来を大きく左右する


電池が注目されています。携帯型・移動型電気製品、電動自動車など電池で駆動する電気製品・機器・システムの普及、出力が安定しない太陽光発電や風力発電など再生エネルギーの導入などが進み、電力貯蔵のニーズが高まっているからです。電池の性能・機能の向上とコストの低減によって、様々な経済活動や人々の暮らしが今後大きく左右されることになると予想されます。


電池とは、化学反応、熱、光などによって電気を発生させる装置のことです。物質には固有の電位があり、二種類の物質の電位の差を利用して化学反応によって電気を発生させることができます。化学反応による放電によって電気エネルギーを一方向に変換させる電池を一次電池(使い切り電池)と呼び、化学反応によって電気エネルギーを発生(放電)させたり、放電時と逆方向に電気エネルギーを供給(充電)したりすることで放電時と逆の化学反応を起こして繰り返し充放電できる電池を二次電池(蓄電池)と呼びます。


 一次・二次電池は、電位が高い側の正極材料、低い側の負極材料、正極・負極で発生した電気イオンを行き来させる電気伝導性がある電解液、正極と負極を分けるセパレーター、構造に気密性・液密性を持たせる固定用シール材のガスケット、電気を通さない絶縁体、ケースなどによって構成されています。


一次電池、二次電池以外に、水素と酸素に触媒を用いて反応させて水を生成する際に電気エネルギーと熱を発生させる燃料電池、熱を電気に変える性質を持った物質によって熱エネルギーを電気エネルギーに直接変換して電気を発生させる熱電池(熱電素子)、光と反応して電気エネルギーを発生する物質によって電気を発生させる光電池(太陽電池など)などもあります。


今回のコラムでは、一次電池と二次電池について簡単に解説させていただきたいと思います。



携帯型・移動型電気製品の普及を促した一次電池


電気製品の普及に大きな役割を果たした一次電池は、形状の違いによって乾電池、ボタン電池。異形電池などに分類されます。


マンガン乾電池は、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛、電解液に塩化亜鉛・塩化アンモニウムを用いたもっとも古い時代から使われている一次電池です。コストが安く、放電しないとある程度出力が回復するといった特長から、懐中電灯、電池式の置時計や掛時計、リモコンなどのように低電力で長時間利用される製品の電源に向いています。


 アルカリ乾電池は、正極に二酸化マンガンと黒鉛、負極に亜鉛、電解液に水酸化カリウムを用いた一次電池で。マンガン電池に比べてエネルギー密度が高く、長寿命で。連続的に大きな電流が流れる機器に使用されています。


ボタン電池は、ボタンのような平べったい形状をした小型電池で、使われている正極・負極材料の違いによって、酸化銀、空気亜鉛、水銀などに分類されます。酸化銀電池は、電圧が残量によって変動しにくいという特徴があり、小型時計やカメラなどの精密機器に用いられています。正極材に空気中の酸素を用いる空気電池は補聴器や気象観測用の機器に主に用いられています。水銀は、1995年以降は他のタイプも含めて電池材料として使用されなくなりました。


これらの一次電池の性能の向上や価格の低下によって携帯型・移動型電気製品の普及と性能・機能の向上が図られてきました。



電気製品の可能性を飛躍的に高めた繰り返し利用できる二次(蓄)電池


二次電池も電極材などの違いによって名称が異なり、それぞれ、電圧、電流、耐久性などに差があります。主なものに、鉛蓄電池、ニッケルカドミウム電池(ニッカド電池=Ni-Cd電池)、ニッケル水素電池(Ni H電池)、リチウムイオン電池(Liイオン電池)、ナトリウムイオン電池(NaS電池)、レドックスフロー電池などがあります。


もっとも古くから用いられている鉛蓄電池は、蓄電容量当たりのコストが安く、放電が安定しているため、自動車・二輪車のバッテリーや非常用電源などに使用されています。


 ニッカド電池は、内部抵抗が小さく大電流放電が可能で小型化しやすく低温での動作性に優れているといった特長から、マンガン乾電池やアルカリ乾電池の代替用分野などで使用されていましたが、自己放電が大きいので減衰しやすく、毒性があるカドミウムが使用されていたこともあり、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池の台頭もあり、現在はほとんど使用されなくなっています。


ニッケル水素電池は、1990年に製品化された二次電池で、ニッカド電池に比べて蓄電容量が大きく、大電流を発生させることができるといった特長があります。AV機器や電動工具用に使用され、トヨタのプリウスの動力源にも用いられていました。旧三洋電機(現パナソニック)が2005年に発売して大ヒット商品となった充電式乾電池「エネループ」はニッケル水素電池です。


リチウムイオン二次電池は、1991年に実用化された電池で、軽量で、エネルギー密度が高く、自己放電が少ないといった特長から、携帯電話、スマートフォン、携帯パソコン、タブレット端末、デジタル機器などの電源として幅広く使われています。これらの製品の性能・機能の向上を動力源として促しました。また近年は、HV、プラグインハイブリッド自動車(PHV)、電気自動車(EV)などの電動自動車の電源にも使われています。ただし、電極、電解液などに用いられている材料の性質から、電解液の液漏れや短絡による膨張・破裂・発火などが起きやすく、高温及び低温の環境下では使用しづらいといった問題点を抱えており、これらの問題を克服するための材料の開発や構造の改良、低コスト化などが図られています。



電力の貯蔵・需給安定化用の電池


ナトリウム・硫黄電池、レドックスフロー電池は、ともに、エネルギー密度が高く、大容量化しやすく、自己放電が少なく、長寿命であるため、大量の電力の貯蔵が可能で、電力の負荷平準化(ピークカット、ピークシフト)、非常用電源、気象条件によって出力が変動する風力発電や太陽光発電によって発電された電力の貯蔵による供給安定化などに用いられています。わが国では、2012年に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が導入されたことをきっかけに、太陽光発電の導入が急拡大し、風力発電の導入も今後拡大すると見込まれていますので、これら再生可能エネルギーの導入可能量を拡大するために、電力貯蔵及び負荷平準化のニーズが拡大すると見込まれています。


ナトリウム・硫黄電池は、βアルミナを素材とするセラミックス製の電解質セパレーターで正極材の液化硫黄と負極材の液化ナトリウムを隔てた構造で動作するしくみのため、ナトリウムと硫黄が液化する300℃前後の高温に保つ必要があります。このため保温のためのエネルギーロスが生じますので長時間の電力貯蔵には向きません。また、ナトリウムは水と反応すると爆発的に燃焼し、硫黄も上記動作温度において空気と反応して燃焼する性質があり、過去に火災事故を複数回おこしています。また、ナトリウム、硫黄ともに毒性がありますので、安全性確保の面でも問題を抱えています。


レドックスフロー電池は、電解液循環型電池の一つで、実用化されている電池には、電解質の正極液として金属バナジウム、同負極液として硫酸バナジウムが用いられており、これらの電解液を循環させながら充放電する仕組みです。充放電寿命が長く、室温で動作し、大容量化が可能で、ガスが発生せず爆発・火災の発生リスクもなく、メンテナンスが容易いといった特長がありますが、一方で、ナトリウムや硫黄に比べるとバナジウムが高価で充電効率が低いといった問題点も抱えています。


このように電力貯蔵用として実用化されているナトリウム・硫黄電池とレドックスフロー電池は、一長一短で、コスト低減にも限界がありますので、再生可能エネルギーの大量導入や電力の需給対策を進めるためには、蓄電池を含めた電力蓄電技術のさらなる向上、新技術の開発、コスト低減、電動車の蓄電池など浄化側の蓄電機能の活用などが必要になると考えられます。



全固体電池は次世代蓄電池の本命の一つ


現在使用されている二次電池のほとんどが電解液を使用していますが、電解液を用いず、正極材料、負極材料とイオンのみを通す性質がある固体電解質のセパレーターで充放電できる電池を全固体電池と呼びます。


全固体電池は、電解液を使わず構造がシンプルなので、液漏れなどに伴う劣化・発熱・発火が起きにくく安全で、エネルギー密度を上げやすい、自己放電が少ない、短時間で充電できる、様々な形状に加工できるといった特長があります。強みだけを挙げるといいことずくめですが、まだ、電解液と同等以上の性能があり低コストで量産化できる固体電解質が開発されていません。優れた性能で量産化・低コスト化が可能な材料の開発、電池の製造・量産化には年単位の期間を要する見通しですが、高性能な全固体電池が実用化されてコストが十分に下がれば、電動自動車の航続走行距離の延長、充電時間の短縮化、安全性の向上などを図ることができますので、自動車の電動化・EV化が一気に加速化されることになると予想されます。


 電池、とりわけ二次電池は、その可能性の高さから、世界各国で製品及び素材の開発が進められています。現在実用化されている電池の量産化・低コスト化では、中国が急速に台頭してきていますが、上述した次世代電池の本命の一つである全固体電池に関しては、現時点では、わが国が関連技術の特許申請・取得件数で世界をリードしています。様々な経済活動や暮らしを大きく変える可能性がある電池の開発状況には注意を払う必要があると思われます。




バックナンバー
  2018/03 原油と石油製品の価格の季節性 原油価格に季節性はない  
  2018/02 SSの将来像を検討するための要件 重要な元売とSS経営者の意識改革  
  2018/01 再生可能エネルギーの実情 再生可能エネルギーはすべて善ではない  
  2017/12 16年~17年の石油製品の国内市況上昇理由  
  2017/11 経営の抜本的改革に取り組む好機  
  2017/10 EVシフトによる石油・SS業界への影響  
  2017/09 EVは日本でも自動車メーカーの取り組み次第で急速に普及する  
  2017/08  米国の石油需給統計を読み解く  
  2017/07  エネルギー分野の国際商品とローカル商品  
  2017/06 為替等との相関性が崩れた株価指数と原油相場  
  2017/05 原油価格の本格的な上昇には1年あまりの期限を要する見通し  
  2017/04 石油元売の集約とその影響  
  2017/03 拡大する環境関連のダイベストメントの影響  
  2017/02 冬季は天候が原油市況に影響を及ぼしやすい  
  2017/01 2017年石油業界展望 将来を左右する重大な年  
  2016/12 OPECとロシアの協調減産が原油価格に与える影響は限定される  
  2016/11/7電力・ガス小売全面自由化による変化  
  2016/10/11石油販売業界の変わらない悪弊を断てるか  
  2016/09/10JXTGグループは石油業界の収益改善を先導できるか  
  2016/08.08石油産業が取るべき収益構造改善策  
  2016/07/02原油価格上昇時の経験則  
  2016/06/06原油価格の上昇を示唆する需給構造の変化  
  2016/05/07日米で異なる自動車販売とガソリン需要との関係   
  2016/04/04今後のエネルギー関連制度・事業環境の変化に石油業界はどのように対応すべきか  
  2016/03/02エネルギー産業は電力・ガスの小売全面自由化をきっかけに本格的な競合時代へ  
2016/02/04原油相場:当面軟調な展開が予想されるが、年半ば以降に60ドル近辺まで上昇へ
2016/01/01新たな競争時代を迎えて
2015/12/31元売りの再編・集約、新局面へ
2015/11/3電気事業への安易な参入は勧められない
2015/10/2燃料サーチャージの普及を
2015/9/6出光興産と昭和シェル石油が経営を統合
2015/8/3変化した石油業界の収益と原油市場との関係
2015/7/6原油価格は年後半に上昇へ
2015/6/2先行き不透明な原油需給 
2015/4/25電力・ガスシステムが始動 
2015/3/13まだ先行きが不透明なFEV、本格実用化間近のEV
2015/2/6原油価格は年後半に90ドル目指す
2015/1/12原油市況の急落とその影響
2014/12/3原油市況の下落は様々な原因が絡み合って生じた
2014/11/4原油価格がさらに下落するとアメリカの天然ガス価格は上昇する?!
2014/11/4電気料金値上げの背景事情
2014/9/1石油製品市況の上昇理由
2014/7/31疑問が多いエネルギー供給構造高度化法の石油精製業に関わる新・判断基準案
2014/7/1原油市況を支える地政学的リスク
2014/5/30仕切価格体系変更の歴史
2014/4/28 閣議決定された新「エネルギー基本計画」の問題点
2014/3/28 TOCOMの石油先物市場を再活性化できるか TOCOMがSCDを開始
2014/3/2 ポスト高度化法は必要か?
2014/1/28景気に大きな影響を及ぼすエネルギー事情
2014/12/21 ガソリン市況を改善させたある元売の元経営トップの英断
2013/11/28LNGのスポット取引市場は発展するか
2013/10/26元売は公平な卸売市場の形成と小売マージンの是正に取り組まなくてはならない
2013/9/26北米からの輸入が拡大しても日本のガス輸入価格が大幅に下がるとは思えない
2013/8/27シェールガス・オイルの虚実
2013/7/19公取委に再度指摘された元売の問題行為
2013/6/21シェール開発の主役は石油
2013/5/15アベノミスには頼れない石油産業
2013/4/15石油元売の中期経営計画に抜け落ちている重要な対策
2013/3/17変化するSSのカーケアサービスの収益環境
2013/02/17  「シェールガス革命」の幻想
2013/01/16石油業界は機器の普及拡大にもっと積極的に取り組むべき
2012/12/20新年は石油業界の将来を左右する節目の年に
2012/11/20ドバイ原油は当面90~120ドルで推移する見込み
2012/10/15 今年の冬も北海道を中心に不安なエネルギー事情が続く
2012/09/15 石油の復権を図るために需給両面で対策を
2012/08/15 急激に悪化した石油元売の4~6月期決算
2012/07/20 実現性が疑われる需給見通しの意味するものは?
2012/06/20 エネルギー政策の議論を乱す世論のゆがみ
2012/05/20 固定価格買い取り制度の開始で太陽光発電の導入さらに加速へ
2012/04/20 不当廉売は何も生み出さない
2012/03/20 仕切り価格算定方式の修正を提案
2012/02/20 変化の兆し
2012/01/20 「新年の取り組みいかんで将来が大きく左右される」



会社案内|個人情報|著作権|リンクポリシー
本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。
著作権は㈲マジカルネットワークまたはその情報提供者に帰属します。

Copyright (C); 2018,
Magical Network Inc. All Rights Reserved.